フォト
無料ブログはココログ

一応ご挨拶。

そんな方がおられるとも思えないけれども、樋口の小説やブログをちゃんと読んでくれている方がおられたら、ここ何年か樋口が戦争を意識していたことはご理解して頂けると思います。
で、こんなに急速に情勢が緊張するとは想像外でした。
でも……僕の数少ない友人は、僕の気持ちを知っているはずだし。
何本か、無名でも売れなくても、書けて良かったという作品を発表できて、理解してくれた方もいるし。
何も起こらないでほしいけど、起こっても、樋口はそこそこ幸せでした。
樋口を応援してくれた少数の読者さん、ありがとうね。
(なおこの記事はトップに固定しているので、新しい記事は下にスクロールしてください。)

2017年4月23日 (日)

「恋人たち」

橋口監督の「恋人たち」、私的に今このタイミングで見て良かったです。
囚われた恨み・憎しみに沈まなくて、主人公のノンケくん、良かった。まじ良かったです。

2017年4月20日 (木)

オンシジューム。

18033266_1398257793553977_3402929_2
バディ6月号献本して頂きました。ありがとうございます。
田亀先生の短編がエロくて凄かったです~。
17992049_1396968383682918_7306366_2
好きだけど名前が分からず「踊り子さん」と呼んでいたお花を買ってSNSにアップしたらフォロワーさんから「オンシジューム」と教えてもらいました。
おじさんには難易度が高かったわ。でも覚えましたw

2017年4月18日 (火)

「テイク・ラブ」

カクヨムさんには3本の作品(非エロ)を投稿し、若い方における小説の形とかアイデアの柔軟性とか、昔から変わらない部分とか、色々勉強になる部分も多いです。
あとゲイの作家以外ともSNSで繋がれたのは嬉しいですね。
もう眩い才能の持ち主とかもおられるし、すでにプロもおられて、老兵は引き際も考えつつ、でもまだ頑張れる部分は頑張ります。
あ、拙作にレビューを書いて頂いて、ありがとうありがとう。




シミルボンの投稿ペースは落ちてきたけど、僕のゲイ関係の連載で、ゲイについて考えてくれる方が少しは増えたんじゃないかな、と思うと嬉しいです。
あとシンプルに、本が好きな方や専門家のレビューを読めて、うーん、「真剣な趣味」として楽しんでいます。





カクヨムもシミルボンもリンクからどうぞ。
あ、やおい小説の名作・野村史子先生の「テイク・ラブ」をネットで見つけて思わずポチリ。
楽しみー。問題は字の大きさ。だって僕はROUGAN。

2017年4月14日 (金)

目次

カクヨムを始めて、なんとなく若い方にとっての小説ってどんな感じか、何が好まれるのか、日々勉強、中には「とっくにプロ級ですや~ん」という剛の者もおり。
しかし、そんな中に純文学ぶら提げて参入した樋口さんの場違い感ったら。
皆んながキャッキャウフフとシャンパン飲みながら泡パーティしているところに大ナギナタ携えた武蔵坊弁慶が来ちゃったみたいな。
でも面白いので(←臆面なく自分で言えるBBAになれました)週末のお供にどうぞー。
カクヨム 樋口のページ




んで今Kindle出すべーと思い、目次の作り方を勉強しているんですけど、なんでしょう、それ系のサイトを読んでいると、わがドラゴンズのスタメンとか筋肉少女帯の「蓮華畑」は泣くとか今夜の晩ご飯のことばかり考えちゃって。
ま、出すと確定したわけではないんですが。出るなら告知しますので、よろしくお願いします。

2017年4月11日 (火)

ポストトゥルース。

カクヨムに投稿した作品たちにレビューや★を付けて頂いてありがとうございます。
これにてカクヨムでの活動は一時休止、次のことを考えています。
blogだからいいか、要はKindleを出そうか、と思っていて。
いま各所に問い合わせ中で。
その流れで何年かぶりに自分の過去作を読んで、「ああ、こういう心境だったんだな」としみじみする物があり、またいわゆる「ポストトゥルース」について言及していて、でもこれは何かのテレビで見たのを加工した記述だったと思います。
なんにせよ、今後も応援よろしくお願い致します。ぺこり。

«Pだって夢を見る